1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

学力と知力

今週は、私が持っている教室は修了していきます。
今年修了する教室は、6教室。
みんな1年生になります。

私は2歳児さんからの教室を担当しているので
一番長い子は、4年も受け持たせていただきました。

まだ姫ちゃんが小学生なので
小学生以上のコースは担当をはずしてもらっているから
これでお別れだと思うと、さみしかったりします。


今年、1クラスだけ持ちあがりの教室があって
幼稚園の年少さんのクラスです。

幼稚園の年少さんから教室に通わせる方は
小学校受験や、中学校受験を視野に入れている方も多くて
その分、要求も多いし、参観日の子どもたちの言動に
一喜一憂したりします。

今日もあるお母さんが

「やめます」

と、言ってこられました。

「成果が見られない。」

2歳から教室に来ているのに、まだひらがなが書けないし
たし算のお勉強にも入らないから、というのが理由です。

そして、もう一人

「うちの子、落ちこぼれていませんか。」

と、言ってこられました。

ひらがなが読めないのです、とおっしゃいます。

最後に、もう一人

「やっとひらがなを書くようになったら、
書き順がめちゃめちゃで困っています。」

と、おっしゃいます。



「お母さんは、お子さんがどんなお勉強をしていたら安心ですか。」

と、聞いてみました。

「たし算やひき算ですか。
それとも、文字書きの練習ですか。
残念ながら、この教室はあと半年は文字を書きませんし
計算は更にもう1年後です。」

学校のテストの点数で表すことができる力を学力とすると
生きていく上で必要な力は知力と言えるかもしれません。

例えば、平成23年度から小学校の学習指導要領が改定されて
台形の面積が復活します。

でも、台形って三角形と四角形の面積を出せたら
いえいえ、もっと言うと四角形の面積の出し方を知っていれば
求められますよね。

だから、削除されたんです。

でも、自分が知っている公式を使って
台形の面積を求めることができない子が増えたようです。

「これ知らない。無理。」

って、なっちゃったんでしょうね。

四角形と三角形の面積の問題が100点でも
それでは、役に立つ知識とはいえません。

知力は、自分が知っている知識を工夫して使うことのできる力です。


「文字や計算も大切だけど
いつか必ず解けない問題に出会うのですよ。
その時に、あきらめない、くじけない力を育ててあげましょう。

何事も、あきらめたら、そこで終わりです。
でも、あきらめなかったら、次の展開があるかもしれない。

そういう意欲と自信を育ててあげることが
知力を育てることにつながるのです。

それには、お母さんのお子さんに接する態度が
とっても大切になります。

できないことではなくて
できたことだけを見て、
頑張っていることを認めてあげてください。

あれもできない、これもできないって
心配のあまり口出して、叱ってしまいがちですが
×をつけられた子は、どんどん自信をなくしてしまいます。
自信がなければ、自分らしくふるまえないから
成長しなくなるのです。

オドオド萎縮した子に育てたいですか?」


受験…と考えた時に、お勉強がよくできる子に育てたくなります。

でも、それでは受験に失敗してしまいます。
私の経験からすると、これまで小学校や中学校の受験に成功している子は
自分に自信を持って、自分の考えをきちんと話すことのできる子です。

たとえ、叱られているような場面でも
冷静にそのときの状況を説明し
反省すべきところは反省することのできる子です。

知力がちゃんと育っている子は
どんな場面でも、自分の状況を冷静に把握し
きちんと言葉で説明することができます。

「今日の参観日
みんな、お母さんたちの前で、堂々と発表できたでしょ。
今はこれで十分です。

大丈夫。
心配しなくても、お母さんにも解けないような
難しい問題を用意していますよ。」



みなさん、明るい表情で帰って行かれて、ホッとしました。

お母さんが明るい顔をしていることが、何より大事なことです。

お母さんが明るい顔をしてさえいれば
子どもってちゃんと育っていくものです。

じゃあ、私の教室はいらないじゃないか…
って、なるのですけどね。


今日は、ちょっと固い内容になってしまいましたね。




参加してます
FC2 Blog Ranking
テクノラティお気に入りに追加する
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


うーーん。 | 【2009-03-10(Tue) 01:11:10】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
なるほど・・・
なんかすごく考えさせてもらった記事でした。
私もできたことよりも、間違ったことを責めてしまうことが多いなって反省しました。
自信を持たせる・・・確かにそうですよね。
その通りです。
春から中学生。
大きな心で、息子を見守ってあげなくちゃね。
口うるさい母では嫌がられちゃうもの。
これからもいろんな話、教えてね。
2009-03-10 火  22:31:07 |  URL | あずき #- [編集]
あずきさん、お恥ずかしいですwww
ちょっと熱く語ってしまいました^^;

中学生は、教室の幼稚園児とは違って、また難しくなる年頃ですね^^;
我が子になると悩みが増えるダメな母です。

こちらこそ、いろいろ相談にのってくださいね。
2009-03-11 水  02:55:46 |  URL | にゃんこ #eYj5zAx6 [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © そこのけ、にゃんこのお通りだぃ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。