1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ごめんねの日

我が家の子ともたちも、そろそろお年頃。
ご存知でした?
ちょうど中学2年生頃の第二次反抗期の子どもたちを
「中2病」って、呼ぶんですって。

「もうこれは、病気だから治るのを静かに待つしかないです。」
って、担任の先生が懇談会でおっしゃってました。

女の子の場合は、もっと早いのか
5年生の姫ちゃんが、そろそろ「姫」ではなく
「女帝」へと進化をとげようとしています。

その女帝っぷりは、また別の機会に書くとして…。
女の子は、小5病っていうのか聞いてみよう
なんて、思ったりしてます。


それでも我が家の場合は、私がのん気なので
問題の中2病に感染してるのかどうかも、
たいして深刻に受け止めてなかったりして…。


そういえば、子どもたちが話してました。

「おとなってズルイよね。
絶対子どもには謝らないんだから。」

「そうそう。先生なんて喧嘩したら、"ごめんね""いいよ"
なんて、無理やり言わせて
"もうしないでね"とか言ってるけどさぁ…。

そんなこと無理やり言わされても、余計したくなるし。」

「言ってやりゃあいいじゃん。
(A)"ごめんね"(B)"いいよ"(先生)"もうしないでね"
(A・B)"したくなる!"
ってさ。」

聞いてるとちょっとおかしくて、
でも、なるほどーって思ってしまいました。

ごめんね…って、ちゃんと謝ってるかな…私。
ごめんね…とか、謝ってもらってるかな。

本当は、「ごめんね」とか、「ありがとう」っていう言葉って
我が子が話せないうちから、教えてる言葉で
人とコミュニケーションをとるときには必要で、
人間関係を円滑にするツールのひとつだったりするのに
そういえば、最近ちゃんと使ってなかったかも。


そろそろ今年も終わり、1年を振り返って自分を深く反省し
「そういえば、あのときごめんね?。」
なんて、明るく謝ってみると
また人間関係に嬉しい変化があるかもしれません。


日本には「母の日」「父の日」「敬老の日」…って
誰かに感謝する「ありがとうの日」はいくつもあるけど
自分の胸にそっと手をあてて、反省するような日はなかったので
12月10日「ごめんねの日」として、
正式に日本記念日協会より制定されたそうです。

制定後初めてむかえる「ごめんねの日」12月10日には
都内某所で、「ミス謝り美人」の発表会が行われる予定だそうです。


「パパのお財布から、こっそり3000円ほど抜いたの。
ごめんね???。」

「体操服は1日おきに要るって聞いてたのに
ちゃんと言わないから洗濯が間に合わなかったじゃないの
って、逆ギレしちゃってごめんね。」

「知らないって言ったけど、姫ちゃんのチョコ食べたのママなんだ。
ホントごめんっ!」

、、、、、、、。

家族の反応が怖いので、勇気が出るかちょっと心配だったり…。
謝り美人には、なれそうにない私です。



スポンサーサイト


子どもたちのこと | 【2009-12-01(Tue) 12:11:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © そこのけ、にゃんこのお通りだぃ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。