1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

あなたは、どう答えますか? トロッコ問題

高校時代の友人からメールが届きました。

「ブログ、楽しんで読んでます。
あなたらしくて、笑ってしまいます。」

…私らしいというのが、どういうことなのか、とても気になりますが
でも、読んでいただいていることは、とてもうれしいし励みになります。

これも、私らしい考え方だって、言われちゃうでしょうか…。


トロッコ問題についてです。


「ねぇ、母ちゃんだったら、トロッコ問題について
俺にどう教える?」


そう、お兄ちゃんに聞かれたのですが、何のことやらよくわかりませんでした。


「知らないの?…論外。」

何それ?!どういうこと?!
論外とまで、言われたらほっとくわけにはいきません。


「ブレーキの壊れたトロッコが走ってるんよ。
その先には作業員が5人いるん。
でも手前にポイントがあるから、自分がポイントを切り替えたら助けられる。
ただし、ポイントを切り替えた先には、作業員がひとり。
母ちゃんは俺にどうしろって教える?」


「そりゃあ、ポイントを切り替えて、その一人の作業員に
“危ないぞ?”って、叫びながら走る。」


「へぇ、何で?」

「だって、ママがトロッコから飛び降りて、ポイントを切り換えられるくらい
ゆっくり走ってるトロッコなら、ポイントを切り替えて走っても
トロッコが着くまでに作業員のところに行けるじゃん。」


「あのさぁ…。
母ちゃんより遅いトロッコなんて、ないから…。
俺が、ポイント近くにいるんだよ。」


「じゃあ、5人に
“危ないぞ?”って、叫びながら走る。
服でも脱いで振り回しながら走るかな。」


「へぇ、何で?」

「ポイントを切り替える時間がもったいないじゃん。
さっさと知らせてあげたらいいじゃん。」


「5人が死んでもいいってこと?」

トロッコ問題っていうのは、哲学者のフィリッパ・ルース・フットっていう人が
5人を助けるために、1人を犠牲にしてもいいかどうか…って、うじゃうじゃ考えて
それでも結論が出ないから、今も議論されてるって…あれだよね。


「ポイントを切り替えないと、5人を殺すって考えたくないなぁ。」

「でも、さっきは切り替えて、もう1人に向かって走るって…。」

「ゆっくり走ってるトロッコなら、それで確実に全員助かるでしょ。
でも、早いトロッコなら、気づいた時点で急いで知らせたらいいん。
1秒もあれば逃げられるでしょ?
線路わきに、ヒョイって逃げたらいいんだもの。」


「でも、ちゃんと伝わらなかったら、死んでしまう人がいるかもしれないじゃん。」

「そんなのわかんないよ。
何もしなくても、トロッコが近づいてることに気づいて逃げるかもしれない。」


「そっかぁ…。」

「ポイントを動かすってことは、そっちの1人は死ぬでしょ。
トロッコが来ると思って仕事してない。
油断してるから、トロッコの近づく音にも気付かないよ。
自分がとった行動で誰かを殺すようなことは、して欲しくないなぁ。」


「ああ…。そうかぁ。」

「それに、ポイントなんて気にしないで、必死で走って知らせに行くってことは
死ぬかもしれなかった何人かを、助けることができるかもしれないってことでしょ。
助けるための最善の努力をすることが大事だと思うよ。」


「確かに…。」

「まぁ、哲学ってものは、正しい答えなんてないん。
どの答えをとっても犠牲はある。
最小限の犠牲を選ぶか、
誰かを助けるために、誰かを犠牲にしてもいいのか
さぁ、どうしようって、問題なんだろうけど
親として言えることは、うじゃうじゃ考えてる間に行動しなさいってことかな。

どうしよう?なんて思ってる間に、できることがあるん。
人の命が係わる重要な場面で迷ってる暇はないでしょ。

とっさに判断して、決めたら迷わない。
自分にできる最善の努力をする。
それで、そこからまた道は拓けてくる。


だってね、
誰にとっても命はひとつしかないんだよ。
その人には、家族や友人がいる。
その家族や友人にとって、かけがえのないたった1人の人なんだもの。

“他のたくさんの人の命を助けるために、犠牲になってください。”
そんなことが言える?

“あっちを助けようか、それともこっちを…。”
そんな身の程知らずなことを悠長に考えてないで
誰かを必死で助けようって、とっさに行動できる人になって欲しいな。」


「へぇ…。なるほど。
でも、誰かが犠牲になったら、きっと俺はその行動を非難されるよね。」


「いいじゃない。
どう行動しても、結果がどうなっても
必死で助けようとしたことなら、誰にも責めるj権利はない。
そんな非難は無視。」


「そうなん?」

「そそ…。
そのとっさの時に、的確な判断ができるよう勉強すべし!
それが一番言いたいことだね?。」


「うへぇぇぇぇ。
結局それなん?」




たけしの日本教育白書 11月22日(土) pm7:00?
みなさんのアンケートの結果が気になります。
トロッコ問題緊急アンケート



参加してます
FC2 Blog Ranking
テクノラティお気に入りに追加する
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


うーーん。 | 【2008-11-19(Wed) 18:04:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © そこのけ、にゃんこのお通りだぃ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。