1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

寒い日に、いかがですか?

昼間は温かいなぁって思ってましたが
やっぱり日が沈むと冷え込みますね。

いつの間にか、季節は冬へと変わったようです。

朝夕が引え込むので、
ぜんそくのあるお兄ちゃんは熟睡できない日が続いています。

明け方の冷え込みが気管支を刺激するのですね。

私も若い頃は気管支が弱く、母にずいぶん心配をさせました。

寒くなると母が作ってくれていたのは、
かりんシロップやゆずシロップです。

特にゆずシロップは、お湯に溶かしてゆず茶にすると
さっぱりとおいしく、ぽかぽか温まるし、咳も楽になるような気がしました。

レモンとお砂糖の代わりに、ゆずシロップを紅茶に入れると
レモンのときとはまた違って、後味がすっきりします。

プレーンヨーグルトにフルーツの缶詰をいれて、ゆずシロップをかけたり
スコーンやホットケーキに添えて出したり
ケーキのスポンジ生地に混ぜて焼いたりしてもゆずの風味がGOOD!

子どもの頃は、よく知らなかったんですが
ゆずって、実は栄養豊富な食材なんですよ。

ご存じでしたか?

ビタミンCはレモンのなんと4倍!
他にもコラーゲン、クエン酸、ビタミンP、カルシウム…
その効果は、美肌効果、風邪防止、疲労回復
肩こりの解消、血圧低下、体を温める…
などなど
含んでいる栄養素が多い分、その効能もたくさん。

特に!
ビタミンCの美肌効果や
コラーゲンの脂肪燃焼効果など
おいしく飲んできれいになれそうなゆずシロップです。

最近では粉末のお手軽なゆず茶も売られていますが
やっぱり手作りが安くておいしい!

秘伝の(?)作り方をお教えしますね。

作り方(レシピ)
1、ゆずを流水で洗い、よく水をきる。

2、ゆずの皮をむく。
(むきにくい時は包丁で切れ目を入れるといいですよ。)

3、実と皮についている白い綿を取っておくと苦みが抑えられます。
  (神経質にならず取れる分だけで大丈夫!)

4、実を一房づつにわけ、半分に切って種を取る。

5、ゆずの皮は細く短冊切りにしておく。

6、種をとった実と皮をまぜる。

7、ゆずと氷砂糖を交互に1/3ずつ密封できる容器に詰める。
  
8、容器のふたを閉めて、冷暗所で約1週間置くとゆずシロップの出来上がり。
  (作ってから数日は容器を軽くゆすってください。)

9、出来上がったゆずシロップ(ティースプーン2杯分)+お湯(150cc)で
  おいしいゆず茶の出来上がりです。
  シロップとお湯の量はお好みで加減してくださいね!

ゆず茶



保管方法
・開封後、冷蔵庫で保管すると醗酵しすぎるのを防げます。
・ゆずの香り、風味を楽しむには作ってから1年を目安に飲みきりましょう。

ここでポイントです!

氷砂糖はロック型氷砂糖を使うのが良いです。

よく見ると氷砂糖ってクリスタル型とロック型の2種類あります。
ロック型の方が時間をかけて結晶させているので、溶けやすくて、おいしくできます。

同じように、ゆずを梅に変えて作ると梅シロップ
それにホワイトリカーをプラスすると梅酒ができます。
ホワイトリカーの代わりにブランデーを使うと上品なお味に!

果物を変えると、りんごもオレンジもぶどうだって、シロップやお酒になるんですよ。

季節の果物には、その季節に体が必要としている成分が
豊富に含まれています。
おいしい果物と氷砂糖で、美しく健康に過ごせるといいですね。


参加してます
FC2 Blog Ranking
テクノラティお気に入りに追加する
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト


今日のご飯 | 【2008-12-02(Tue) 18:41:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © そこのけ、にゃんこのお通りだぃ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。